人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

日本における「思想」のなさ、「宗教観」の希薄さ、という考えについての私見

 いらっしゃいませ。

 今回、『人生論・幸福論』(亀井勝一郎著)を読んでいて、ちょっと思ったことがあったので、サクッと書いてみようと思います。

 ※特定の宗教や思想を批判する意思は一切ございません。

 

  日本がキリスト教と相対した時、「対決を避けた」というような表現がありました。

 「思想的怠慢」「宗教への無関心」といった言葉が使われ、当時の日本の「思想の在り方」に対し、批判するようなことが書かれているように見受けられます。

 私としては、「いや、違うでしょ」と考えてしまいます。

 

 キリスト教が入ってきたとき、それに対するスタンス、宗教的姿勢をもっと意識しないといけないのではないか? ということが書かれており、そういった物に対して「避ける」ようなことはあってはならない、ということのようです。

 この「宗教的対立意識」というのは、あくまでも「キリスト教的」=「一神教的」であって、古来より、「八百万の神々」を意識してきた日本人からすると、そもそもそういった意識自体が起こらないとしても、不思議ではないわけです。

 いや、意識することすらない、自然な状態ですらあったのです。

 また、日本では「仏教」も広く信仰されています。

 「仏教」に神はおらず、「日本的多神教信仰」においては、いたるところに神様がいらっしゃる、という意識です。

 一つの神、一つの信仰にのみ意識を向けること自体がない、ということなのではないでしょうか?

 そもそも、意識を向ける、ということをする必要性すらなかった、ということなのではないでしょうか?

 

 「一神教」においては、「ほかの神を信仰するな」ということがはっきりと書かれています。

 しかし、「多神教」においてはそこかしこに神々がいらっしゃるわけです。そういった考え自体が無意味となります。

 そう、「神々」なのですよ。複数形、というのが重要だと思います。

 つまるところ、「キリスト教」という信仰対象が現れたとして、多くの日本人からすれば「多くいる神々の一人」という意識を持ってしまっても、おかしくはないのではないでしょうか?

 

 むかし、「キリスト教」に回心して「キリスト教徒」となられた方々がおられ、迫害された、という歴史もあります。

 それは「宗教意識」「思想観」からではなく「政治的判断」からのモノであったため、信仰そのものが弾圧されたと考えていいのかは不明です。

 このあたりは私一切勉強しておりませんので、独断を偏見を突っ走ります。

 あ、すべてのことに対してそうですので、あまり真に受けませんようにお願いしますね。

 

 しかし、明治維新後、「キリスト教系の学校」ができて、そこに入学なさる方々もいらっしゃいます。そこで学んだことを世のため人のために発揮なさっておられる方々も多くおられました。

 現在でも「キリスト教系の学校」はありますし、「仏教系の学校」もあります。

 この二つが混在していたとして、それを不思議に思う状況でもないわけです。

 

 知らない宗教に対して、また珍しい宗教に対して不審な目、奇異なものを見る目を向けたりすることもあります。しかしそれは、相手の宗教を「異教」「悪魔の信仰」といった目で見ているわけでもない、ということではないでしょうか?

 「一神教」に関しては「神」はただ御1人である、という考え方です。ほかの信仰自体受け入れてはならない、という根本的な考えがあります。

 昔は「キリスト教徒でないなら人間ではない」という考えもあったと聞きます。

 

 日本に「思想」がない、という批判も見たことがありますが、そこで語られる「思想」はあくまでも「西洋的思想」です。日本にそもそも「思想」がない、「宗教意識」がない、というわけではないことは留意しておく方がよいかもしれません。

 「宗教学」などの学問も、もともと「キリスト教」に関する学問であるわけです。

 

 はっきりとした唯一の信仰対象を抱く「一神教」という存在は、そういった考えをそもそも知らなかった「多神教文化」からすれば、あまりにも鮮烈に過ぎたのではないでしょうか?

 だからこそ、当時『人生論・幸福論』を書いた亀井勝一郎氏は、一種の焦燥を覚えてしまったのかもしれません。

 しかし、「異教徒」「無神論者」という葛藤を、日本という風土で抱えることにはまずならないのです。

 それは、そんなにもダメなことなのでしょうか?

 

 しかし考えてみると、「そういった視点もあるのだ」という気付きとしてみることもできます。

 重要な問題かもしれないし、そうでもないかもしれない。

 私は読んでいると、「いやいや、違うよそれは」と考えてしまいましたが、私以外の人が読むと、

「分かる! そういうことなんだ!」

 となるかもしれません。

 こういった意識の違いこそ、ある意味「多様性」ということにもなるのかもしれないですね。

 皆様はどう思われますか?

 

 では、今回はこれにて失礼させていただきます。

 ありがとうございました。