人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

初めてあったこと。転職活動で会社の方から「会いたい!」と言ってもらえたこと

 こんばんわ。

 転職エージェントから連絡がありまして、企業様から「面接確約でオファー」が来たと連絡がありました。

 マジか。そんなことあるんか。

 

  基本的に私の転職活動は、

「私こういうものです! こういうことやってました! ああいうことできます! よろしくお願いします!」

 と、応募書類を送ったり、エージェントの紹介にやっぱり同じように「ぜひ!」とお願いしたりするもので、こちらが「面接してくれー!」と頭を下げまくるものになるわけですね。

 それがまさか、こちらがアプローチする前に向こうから「会おうぜ!」と言ってくださるようなことが起こるとはね~。世の中分からないものですね。

 

 とはいえ、今までだって書類を送って「じゃ、会おうか」と言ってくださってもチャンスを活かせないことばかりでしたから、油断できません。

「ぜひ、一緒に働きたいです」

 とか言ってくださったところから不採用通知届くんだから、安心してたらダメージ受ける。

 この間もエージェントの会社が主催する「面接会」に参加したものの、ものの見事に討ち死にしたのです。行って悪かったとは思いませんが。

 

 現在、二次面接まで行って結果待ちの企業様あり、書類応募して「そろそろ返事が来るはずだけどまだ来ないな~」と思いながら待っている企業様あり、一次面接してから「10日くらい待ってくれ!」と言われてもう1ヵ月音沙汰ナシの企業様あり、と色々ですが、ここに一応は「面接確約企業様」が加わるわけですね。

 あ、1ヵ月音沙汰ナシの企業様に関しては人から、

「だらしない企業。せめて現在どういう状況かくらい連絡するべき。希望は持っていても無駄」

 と言われています。まあ、私自身ココまで放っておかれているので期待はしていませんが。

 ……いい企業様だと思ったんだけどな~。

 

 求人案内で、書類応募してから「10日くらいで返事します」とか書いてあるんですが、その日程をはるかに過ぎても返事が全く来ない企業様とか結構多いですね。

 面接するかどうか迷っているのか、単純にどうでもいいから放っているのか、忘れているのか。

 ちなみに、こういう状況で放っておくと、せっかくの良き人材に逃げられることもあるので素早く行動した方がいいと思います。これは人事部での経験というか、部長と他部署、エージェントとのやり取りを見ていての感想です。

 他部署の上長の方々、夢を見ているのか何なのか、スパッと決めないでもっといい人が来ると思って判断先延ばしにする人多いんですよ。で、「しゃ~ないな」と思って声を掛けたらもうほかの会社に決まってた、とかは普通にある話です。

 部長も「早くしないと逃げられるぞ」とよく言っているのですけれどね~。

 まあ、私が企業様から見て「良き人材」なのかは不明ですけれど。むろん、雇っていただいたのなら全力を尽くしますよ。尽くし過ぎて死なないようにセーブする必要はありますけれど。

 ちょっとワクワクしてますよ~。

 

 あ、あとエージェントに対して思うことが一つ。

 多分急いでいたのだろうと思うけど、会社の名前だけでなく、どういった会社かの説明とか、せめてその会社サイトのURLくらい載せておいてくれないかな?

 名前で調べたらわかるだろうとあるかもしれないけれど、同じ名前の会社って案外たくさんあるんだよ? 最寄駅から絞り込めるかもしれないけれど、一応そこは気を利かせよう。ちょっとしたことだけど大事だよ?

 あと、時給がいくらかということも書いておこうか。年収は書いてあったけれど、時給・月給がいくらとかいうのは重要事項だと思うよ。

 さらに、夜中の12時にメールあわてて送ってくるくらいなら寝なさい。私もすでに寝てたから。今日の朝にメール見て返事したけれど、たぶん今日メール見てないでしょう? 明日も明後日も見ないでしょう? 土日だし。見るのは月曜以降でしょう?

 一応「至急返信してくれ」って書いてあったから見た瞬間返事したけど、あなたそれ見るのいつなのよ?

 

 正直メール見て「この子大丈夫か?」と心配になってしまいました。いや、年齢知らんけど。

 あと、担当のエージェントは休暇中らしく代理の方だけれど。

 とりあえず、そういうちょっとしたことを付け加えておくだけで内容が充実するから。判断材料も増えるから。

 こういうちょこっと情報を面倒がらずに乗せるって案外大事ですので、気を付けておいてくださいね~。

 

 そんなわけで、おやすみなさ~い。