人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

古書店にてリアル本を購入! めっちゃ重かったです

 こんばんわ。

 『フラット化する世界』が読み終えることができませんでしたが、また次読む本を求めて、近所の古書店に行ってきました。

 その時ほしいと思っていたものとは違う本ですが、満足する買い物でした。

 

  では、その古書店で買ったものをご紹介させていただきます。

社会学』(アンソニー・ギデンズ著・訳者 松尾精文・西岡八郎・藤井達也・小幡正敏・叶堂隆三・立松隆介・松川昭子・内田健)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 社会学 / アンソニ・ギデンズ 【本】
価格:3888円(税込、送料無料) (2018/11/9時点)


 

『哲学入門』(田中美知太郎著)

※商品が探してもありません……。

 

『見える学力、見えない学力』(岸本裕史著)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆見える学力、見えない学力 / 岸本裕史/著 / 大月書店
価格:1620円(税込、送料別) (2018/11/9時点)


 

 お値段上から「300円」「50円」「50円」でございます。

 安い。古書スゴイ安い。

 状態は推して知るべしですけどね。店員さんから、

「シミとかありますけどよろしいですか?」

 と、わざわざ確認されてしまいました。いや別に構わないのですけれど。読めれば。

 

 他にも面白そうな本がいっぱいありました。しかも店内かなりオシャレ雰囲気。

 おお、なんと理想的な空間。

 上の方に置いてある本を見上げているとめちゃくちゃしんどいんですけれどね。

 

 買いに出た時点で「ほしいなー」と思っていたのが、

ゲマインシャフトゲゼルシャフトー純粋社会学の基本概念』(フェルディナンド・テニエス著)

※探した時点で(下)しかない……。


 

 だったのですが、まず『哲学入門』『見える学力、見えない学力』を見つけ、最後に『社会学』を見つけてテンション一気にマックスになりました。

 

 私、一応は「社会学」を専攻していたということになっていますからね。不真面目でロクに勉強しませんでしたけど。

 あ、今めっちゃ後悔してます。もっとちゃんとやっときゃよかった……!!!

 とはいえ、あの時自殺未遂を繰り返すうつ病になってしまったので、どのみち勉強は無理でしたね。

 

 いいんですよこれからやれば! お安く『社会学』が手に入りましたし!

 面白いんですよ社会学っていうのは! 私ロクに勉強してないけど、わりと頑張った「社会逸脱論」の講義めっちゃ面白かったんですよ!

 もともとほしかったのは上記してあるように『ゲマインシャフトゲゼルシャフト』でしたけど、『社会学』が手に入ったのでまあOKです。

 通販やってる古書店様とかもあるので、近所でないなら取り寄せもできますし。

 焦る必要はないですからね。

 

 そんなこんなで、今回購入したのは「古書」ですが、出版されたてのものでほしいものもあるんですよ~。

『それでも強い日本経済! 世界は新冷戦へ突入』(エミン・ユルマズ著)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

それでも強い日本経済! 世界は新冷戦へ突入 [ エミン・ユルマズ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/11/9時点)


 

 ツブヤイタン……ええい面倒だわい! Twitterにてフォローさせていただいているのですが、とてもためになることをよくツイートしてくださっています。

 あと、ニャーニャー様方をご自身でフォローなさっておられるらしく、猫画像などがリツイートされていて癒されます。

 いいぞもっとやれ。

 この方の本も気になっているので、近々購入予定です。

 

 図書館で「借りた」、ではなくいくら安かろうが「購入」しましたからね! 返却期限とかないで! よろしく!

 では、おやすみなさ~い。