人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

ふと思ったこと「ドラ〇エとかの経済ってどんなん?」

 こんばんわ。

 今回結構バカ話。タイトルの通りです。

 あ、ハイ。バカ話はいつものことでしたね。失礼しました。

  私、「通貨の価値が下がること」が「インフレ」だと最近知りました。目に見えるのは「物価上昇」なんですけどね。

 で、ゲーム大好きな私は、そのインフレの法則が「ド〇クエ」とかにも適用されるのか、そもそもどんな経済なんだと考えたんです、なぜか。

 

 「ドラ〇エ」に限りませんが、フィールドで戦闘したりするとお金落としてくれますよね? 敵さんが。

 これについてはモンスターの牙やら皮やらを売って金にしているという話を聞いたことがあります。「おど〇宝石」とか、まんま宝石でいいカネくれますが、「〇どる宝石」殺した後の残り売ってんのかい、と考えるとちょっと「うえ~」という感じでもあります。

 だってあれ、加工してどこぞの金持ちのマダムとかが身に着けるんでしょう?

 

 どうでもいい話だった。ともあれ、「ドラク〇」の主人公たちはモンスター殺しまくってその死骸やら何やら売っぱらって、その金で飲み食いその他して経済回しているんですよね。売られた側はそれを加工したりしてやっぱり売って金にするわけで。

 主人公たち以外にもそうやって生計立てている人多そうだから、「モンスター殺して売っぱらって金にする」行為が当たり前に経済活動に組み込まれている世界なわけですね。

 で、主人公たちの目的って「世界を救う」なわけだったりするわけでして。成功したらモンスターいなくなるんですけど。

 経済、回らなくなる気がしますね。それまであたりまえにあった「商品」が軒並み消えちゃうわけだし。それまで「モンスターバラして売って」金にしてた人たちとか、単純に「危険なモンスターを狩る」ことで生計立ててた人たちが一気に失業状態になりますな。

 また、「モンスター原材料使用メーカー」「モンスター材加工業者」「モンスター製品卸売業者」なんかもきっと一気に大ダメージですね。どれだけの企業が一気に倒産するんだろうこれ。

 「キ〇ラのつばさ(※瞬間移動アイテム)」も、結構便利に使っている人いただろうに。勇者が魔王竜王倒して世に光が満ち溢れたら、もうそれも供給元がなくなるのでどうしようもなくなりますね。

 

 まてよ? つまりその場合、「ル〇ラ(※瞬間移動魔法)」を使える人の需要がめちゃくちゃアップしますね。「〇ーラ」使えるだけでもう安泰になるんじゃないですかこれ?

 「〇ラクエ」世界において優雅な生活をする一つの指針として、「勇者が現れたら「ルー〇」を習得すべし」みたいなのがあったら笑う。

 そもそも「魔王倒して平和になった」状態って、基本的にどれだけ続くんでしょうか? 魔王倒してもいつの間にかなんか出てきてそのたびに選ばれし勇者出てきてるじゃないですか。一つのサイクルが出来上がっている。

 そのサイクルに合わせて商売を切り替えていくことができたら、その人は多分食いっぱぐれないし、子孫も繁栄するでしょうね。一つのサイクルごとに地形も国も結構変わっているようにも見えるので、無理かもしれませんが。

 

 「ドラ〇エ」って、魔王倒されて世界が平和になったその瞬間、自分の商売が終わったことを悟り、絶望して自殺する人かなりいそうですね。むしろそうなる前に、勇者殺して自分たちの商売守ろうとする人たちがある種の戦争起こしそうだ。

 有力商人たちにそっぽ向かれたくないが、魔王討伐をやめさせるわけにはいかない王や貴族たち為政者の明日はどっちだ!?

 ……ゲーム中、よく主人公たち無事だったなと思いました、今。

 

 バカ話でしたが、皆様お付き合いいただきありがとうございました。

 おやすみなさ~い。