人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

他力本願「よりリアルな電子書籍プリーズ!」

 こんばんわ。

 電子書籍、利用しますか? 私は使っています。スマホで。

 しかし、なんだか物足りない。リアルブックは重いけど、電子書籍は味気ない。

 

  それでですね、電子書籍でありつつも、紙の書籍っぽさを出せる電子書籍端末をつくってほしいんですよね~。

 紙をペラペラめくる感覚とか、やっぱりほしいんですよ。

 紙並みに薄いディスプレイがリアルブックと同じように綴じられていて、その紙ディスプレイをペラペラしながら読んでいくスタイルの電子書籍

 背表紙に部分に重要機能を集めるようにしておいてリアルブックの背表紙感を出し、本物の「本」っぽさを強調する感じで。

 「本」の大きさを「コミックタイプ」「文庫タイプ」「ハードカバータイプ」などから選べるといいかもしれません。あと、「100ページ」~「500ページ」の間から100ページ間隔で選べるとか。

 個人的に選ぶなら「文庫タイプ」ですね。そして「100ページ」あるいは「200ページ」くらいかと。

 

 スマホなどで指滑らせながら読むのってなんだか違うよなあ、と考えてしまうんですよね。で、上記したものがあればよいなと考えてちょっと書いてみました。

 案外需要ありそうな気がするんですよね。

 

 そうそう、リアルブックに線を引きながら読む人もいらっしゃいますが、そういう人のためにペンなどで線を引いたらしっかりデータが残って次ぐ読むときもそれがちゃんと残っている、みたいな機能もあるといいかもしれないですね。蛍光ペン的に線を引くことも可能で、消したければ消しゴム的なものを使って消すことも容易。

 電子書籍リーダーの付属品として消しゴムが付いたペンがあるとかだといいかもしれないですね。ペンを収めておくところもちゃんとあって、普段はそこに入れておく。

 

 紙の質感とかにこだわる人のために、それも選べるようになったりとか。こだわりの「羊皮紙」派とか、持っている電子書籍リーダーである種の派閥ができそうです。

 電子書籍リーダー複数所有とかもありそうです。読む本のジャンルによって電子書籍リーダーを変えて読んだりするとか、普通にありそうですね。

 

 そこまで行くと「スケジュール帳」機能付きとかも出てきそうだし、そのスケジュール帳の内容データも購入することになりそうですね。

 スケジュール帳専門の書籍リーダー、といいますか、スケジュール帳リーダーみたいなものすら出てきそうだ。

 ノート、メモ帳などもそういった専門の物が出てくるかも。

 こだわりのない人などは電子書籍リーダーを一つだけ持ってすべてに対応させるとかしそうだし、複数持って分けて使う人も出てきそう。

 結局道具は使う人次第なのですが、そもそも「使う人次第」の前提として土台となるものが必要ですね。

 

 こういうものがあったらいいな、のコーナーでした。

 では、おやすみなさ~い。