人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

『フラット化する世界』「ゲーム実況動画」って、誰もが「供給者」にも「消費者」にもなれる

 こんばんわ。

 まだ読み終わらない状況ですが、いつまでかかってるんだよといったところです。

 

 それはともかく、「フラット化」によって生まれるサービス、ビジネスも多いと思いますが、私の大好きな「ゲーム実況動画」もそれだよなあ、と思いました。

※なんだか『フラット化する世界』ってつけていればいいような状態になっていますが、案外「こーゆーことじゃない?」ということが自分の中でボロボロ出てきます。

 

  「ゲーム実況動画」って、一言でいうと「なーんだ」って思いますが、実際結構細分化されている状況ですよね。

 自分の声で実況する人、音声ソフトで行う人、字幕というからもいらっしゃいますよね。

 編集、カットを駆使する人もいれば、ノーカットノー編集で突っ走る人もいる。

 事前にしっかり練習、下調べしてから計算された内容を提供してくださる方、視聴者と一緒に初見で悩みながら進む方、色々です。

 

 データのアップロードが一部の人だけでなく、どんな人もできるようになるというのが「フラット化」の一つの要因であり、誰もがそのデータの「供給者」にも「消費者」にもなれるというのが一つのポイントです。

 私でも、BLOG開設は特に悩むことなくできましたし、こうして記事をポチポチキーボードで打ち込んで、気軽にアップできます。

 また、マウスでチョイチョイ操作しながらほかの方がアップしてくださった内容も気軽に読めます。

 それこそ、「ゲーム実況動画」もチョチョイのチョイで見れるわけですね。

 私のような者でもその気になれば「ゲーム実況動画」上げることができちゃうわけです。やり方を勉強して、ゲームを選んで、プレイして録画して、アップする。

 とはいえ、「ゲーム実況動画」はとてもいろんな方がアップしまくっていて、供給がうなぎ上りの中、消費の方が追い付かない状況になっている気もします。

 ちなみに私が好きでよくみる方々は何年も前から続けておられる方々で、それゆえアップロードされた動画もとても多いです。

 長く続けているほど洗練されていくのか、単純に慣れるのか、色々質も向上していっているようにも見受けられます。

 始めたばかりの人はストックがないため、そういうのは分かりませんね。

 あと、続かない人も多いようです。

 

 「フラット化」によってアップロードが容易になっても、個人の「根気」が最後にはものを言うな、と見ていて思います。

 人気のある方はある程度定期的に動画をアップされていて、極端に投稿の間が長くなってしまうこともなく、見る側も安心してその方を追い続けられますよね。

 「フラット化」によって誰もが「提供者」になれる一方、簡単であるがゆえに「とりあえず」やってみたりするものの、後が続かないという状況は「個人の努力」の範疇になります。

 「フラット化した世界」においても、個人の意識がやはり最終的には大事になるのだろうなと思いました。

 

 では、そんな感じで今日はこのあたりで。

 おやすみなさ~い。