人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

「お金のバランスゲーム」経過報告2018/10/10

 こんばんわ。

 以前の経過報告は9月25日のものでした。

 では、あれから保有している投資信託がどうなったかを見てみたいと思います。

 

  2018年10月10日の投資信託のパフォーマンスです。

f:id:zaturon:20181010214055p:plain

 

f:id:zaturon:20181010214108p:plain

 

 わかりやすく新興国が下がっていますね。以前見たときは全ての投資信託に利益が出ている状態でしたが、どれもそれから下がった状態となっています。

 以前の記事では「このまま順風満帆でいくとは思えない! きっとまた下がるんだ!」と書きましたが、その通りになりました。

 全体としてみた場合、一応利益が出ているようです。利益のパーセントが大きいのは「TOPIX」のようですね。4%以上の利益となっています。

 「先進国」の場合はかろうじてプラスになっている程度、「新興国」においてはマイナス値。

 「新興国」におけるマイナスはもはや見慣れたものとなっております。新興国ってこういうものよね~。

 仕込みたい場合はやはり「新興国」買い増しなど、検討の余地はあるかもしれませんね。むろん、資金に余裕のある人、リスクを許容できる人オンリーですが。

 

 そういえば関係のない話ですが、知り合いが銀行から「ブラジルの通貨買わない?」と数年前に持ちかけられたそうです。本人断ったそうですが、結果的に良い決断だったといっていました。

 曰く「知らないもの、納得のできないものに対して金を出すべからず」だそうです。 投資信託も同じですね。私の場合、理解しているわけではないけど、一定のルールに従った売買をすることを決めて保有しております。

 この場合、「投資信託の比率が元の数値からプラスマイナス5%」の動きがあった場合、リバランスするというものです。

 現時点でリバランスルールの適応数値に至っていません。

 しかし、「TOPIX」が51%になっております。残りは両方とも24%台です。何気に「TOPIX」が一番儲かっている状態ですね。

 

 では、引き続き注目していきたいと思います。

 おやすみなさ~い。