人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

時間差のメッセージアプリってあるのかな?

 こんばんわ。

 『フラット化する世界』について考えていたらちょっと思ったことがあります。

 メッセージが「すぐ」ではなく、一定時間たってから相手に届くアプリってありますかね?

 

  世界の反対からでも情報処理がほぼ「ゼロ距離」になるのがある意味「フラット化」した世界の強みっぽい部分でもありますよね? 「フラット化」の技術がそれを可能にする。

 昔は「文通」とかで相手にすぐ言葉が届くとかってなかなかむつかしい部分もあったわけです。

 今でも郵便だのなんだのは一定時間がかかりますし、予想外に時間がかかってしまう場合もあります。

 メールやらその他SNSを使えば「すぐ」相手にメッセージを届けられちゃうわけです。

 電話も携帯が主流になるまでは基本家の固定電話で、「すぐ」が無理だった場合が多かったと思います。

 でも、「すぐ」すぎて「やだなあ」という人もいるみたいです。「情緒ない」そうで。

 なるほどある程度の時間を置いてのコミュニケーションに「情緒」を感じる方もいらっしゃるわけですか。

 

 で、思ったのですが、現在の各メッセージアプリ等の「ゼロ距離」「すぐ」をあえて捨てて、一定時間がたたないと相手に届かない「文通アプリ」みたいなのってないのでしょうか?

 送信したら届くのが三日後とか、一週間後とか、場合によっては年単位とか。

 ある時期に「タイムカプセル」とか流行ったらしいと聞いていますが、ある一定の時間がたってから「未来の自分」が「今の自分」の考えていたことやその時の思い入れの品なんかをしまっておくのって、なんかロマンらしいです。

 そう、「時間差」ってロマンなんです。

 友達通しのやり取りでも、あえて「すぐ」に届かないメッセージを送信して遊んだりとかしたら案外楽しいかも?

 

 もっとも、私が考えることなので、多分もうありますけどね。探してはいませんが。

「いや探せよ」

 あっはっはー。

「あと、SNSのやり取りとかの時点ですでに「文通」的だろ」

 あっははははー!

 

 やっぱりすでにあったという結論ですね。そんなもんです。

 では、おやすみなさ~い。