人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

『デフレとバランスシート不況の経済学』を読んで、日銀の「ETF買い」をちょっと考えてみる

 こんばんわ。

 『デフレとバランスシート不況の経済学』を読んでいて、日本銀行が実施している「ETF購入」は、「バランスシート不況」においてはこういう意味があるのかな、と思ったことがあります。

※あくまでも個人的な意見、といいますか「本」を読んでの「感想」です。

 あと、まだまだ途中です。

 

  『デフレとバランスシート不況の経済学』において「バランスシート不況」とは、「バブル」などで企業の資産「価値」が一気に落ちたため、「バランスシート(貸借対照表)」の負債部分の比率が大きくなり財政的にピンチな状態になってしまい、それを何とかするために企業が借金返済に注力し、それぞれの事業などへの投資のために「借金」をしなくなったことが原因である、とされています。

 企業が積極的にお金を回さないようになったから「お金」の流れが止まってしまっており、デフレとはその結果である。デフレは原因ではない、との見方が書かれています。

 そして、日銀の「ETF買い付け」ですが、購入しているETFは日本の株に投資しているETFですよね?

 つまり、ETFを通して日本企業の株を購入していることになると思います。

 

 それによって株価が上がる、あるいは下がらず現状維持となれば、増資する際に有利になりやすく、資本を増やしやすくなるということになりますか?

 「バランスシート」の負債部分が大きい状態であった場合でも、株価が上がった状態で増資できれば「バランスシートの問題」がちょっと解決するかもしれないですよね?

 

「いつまた不況とかになって資産価格が落ちるかわからん!」

 こんな心理状態では借金返済作業を終え投資活動に専念しにくい。しっかりとお金をためておいて備えよう。そんな意識も働くのではと本には書いてあった気がします。

 そんな状態の時、「ETF買い付け」によって株価が下がらない、上がる状況になったとしたら、そんな負担が減る可能性はありませんか?

「いや、今株価めっちゃ下がってるやん」

 おうふ。ダメっすかねえ?

 

 『デフレとバランスシート不況の経済学』を読んでいて、こういう効用があるのではないかとふと考えてみました。

 実際どうなんでしょう? そうではない? あるいはとっくに説明されていて、私が知らないだけ?

 

 とまあ、こんな風に考えたりもしてみました。

 では、おやすみなさ~い。