人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

最近気づいたのですが、私がやりたかったのは「投資」でなく「ゲーム」だったようです

 こんばんわ。

 タイトルを見て「は?」となった方がいらっしゃるだろうし、「投資舐めてんのか!」とお怒りになった方もおられるかもしれません。

 しかし思い返すとそうとしか思えないのですね。企業の経済活動に参加とか、自分の利益とか、そういうものよりも「自分が面白く思えて楽しめる」ことに重点を置いていたように思います。

 利益とか、ある意味では二の次三の次でした。

 

 「なんて不謹慎な! 金をそんな風に使うのか!」

 返す言葉もございません。

 しかし、自分の「やりたいこと」がはっきりすると、なんだかスッキリします。

 どうするの? やっちゃいます。

 ええ、やっちゃいましょう。「お金を使ったゲーム」をね。

 ズバリ「お金のバランスゲーム」。

 

 あ、怒らないで。大丈夫。何があってもダメージ受けるのは私だけです。

 で、具体的に何をするのかといいますと、「3つの投資信託を使ってバランスゲーム」してみます。

 3つの投資信託ですが、TOPIX連動型、先進国株インデックス、新興国株インデックスを「50%:25%:25%」のバランスをとるようにしていきます。

 とりあえず「10万円」でやってみましょう。

 TOPIX5万円、先進国2万5千円、先進国2万5千円で買い付けます。

 基本的にこのバランスが保たれている間は何もしません。しかし、このバランスがある程度崩れたら「リバランス」してみます。

 順調に価格上昇して3つ合わせて「11万円」になったとします。この場合のそれぞれのバランスが取れた状態は、

TOPIX:先進国:新興国=5万5千円:2万7千500円:2万7千500円」

 となります。

 しかし、例えば「TOPIX6万5百円」だと全体の55%ということになりますね。

 この場合、TOPIXを50%になるように解約し、先進国新興国にそれぞれ25%づつになるように割り振ります。

 これだけです。ものすごく単純です。

 とりあえず、3つのうちどれかが「プラスマイナス5%」になった時点でリバランスするようにしてみます。

 「プラスマイナス5%」が適切なのかはわかりませんが、適切でないと判断したら変えてみます。

 積み立てなどは一切行わず、最初の「10万円」から増えたり減ったりした分だけでやっていきます。

 

 私は以前、日本株のアクティブファンドや先進国株のファンドを保有し、「割安なのに買わないのはもったいない!」などと申しておりましたが、結局買う際の決まりなどは特になく、これといった信念などありませんでした。

 だから売っちゃいました。「今の状態で持っているべきでない!」と考えたからです。

 そして、「お金の勉強」を始めようと考えました。

 この「ゲーム」は現時点で「お金の勉強」に関係は全くありません。しかし、勉強しながらこういったゲームをすることで「何か」が見えてくるかもしれませんね。

 いえ、単純に「ゲーム」やろうと思っただけなので、それは期待してはいないのですが。

 どちらかというと、お金が「増える期待」「減る不安」などを全く切り離し、単純に「ゲームのルールにのっとり、決まったことをやる」ということをやった場合、自分がどう感じるか、ちゃんと動けるか、という部分に関心が出てきた、というのが一番の理由です。

 

 きちんと自分の将来や、現在の在り方に対して真摯に向き合いながら投資しておられる方々に失礼なやり方かもしれません。

 しかし、見ていて案外面白いかもしれません。

 というわけで、勉強はしつつ、「ゲーム」も楽しんで、いけたらいいな、と思ってます。

 では、今回はここまでとさせていただきます。具体的にどのファンドにするのかなどは明日にさせていただきますね。

 では、おやすみなさ~い。