人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

為替のチャートを見てみよう(画像貼り付けてみました)

 こんばんわ。

 今回は株価ではなく為替をちょっと見てみようと思います。

 「ドッジ・ライン」にて「1ドル=360円」とあったので、ではそのあたりもというわけです。

 使わせていただきました画像は楽天証券様のものです。

 

  ではまず、「米ドル/円」の為替チャート月足から。

f:id:zaturon:20180819110301p:plain

続きまして日経225。

f:id:zaturon:20180819110357p:plain

そして本命のトヨタ

f:id:zaturon:20180819110441p:plain

 為替相場というのはなかなかに奥深いようで、とりあえず単純に考えさせていただきながら理解を深める形でいこうと思います。

 「ドッジ・ライン」時、「1ドル=360円」。

 2009年~2013年くらいだと、「1ドル=100円弱~70円台」。

 すさまじい差です。

 

 上記の「1ドル=100円弱~70円台」の時はサムプライムローン問題などにより「リーマンショック」が起こり、金融危機にあった時代ですね。

 この時代、ドル安円高の時代だったということらしいです。

 現在、およそ「1ドル=110円」ほどで、金融危機で落っこちる前の2008年くらいの時も「1ドル=110円」ほど。

 110円から100円、70円台への落ち込み具合は「円高」状態ということらしいです。

 「ドッジ・ライン」時の「1ドル=360円」は円安甚だしいですな。

 

「おっちゃん! 1ドルちょうだい!」

「あいよ! 360円ね」

 という時代、からの、こんな感じ。

「1ドルください」

「へい! 100円です」

「あれ? 70円くらいじゃなかったっけ?」

「値上げしました」

 絶対「違う!」とツッコミ入れられそうですが、私の頭の中ではこんな感じ。

 皆さん鵜呑みになさらないでくださいね。

 

 円高状態の時、輸出依存度が高い業界は苦しんだそうです。

 自動車業界などそうらしいので、トヨタはとても厳しい状況だったんでしょう。株価も現時点から見るとかなり安めです。

 

 「車一台10万円です」という感じで考えてみます。

  10万円とは何ドルぞ?

 「1ドル=360円」の時、10万円÷360円=278ドル程度?

 「1ドル=100円」だと、10万円÷100円=1000ドル?

 「1ドル=80円」なら、10万円÷80円=1250ドル?

  円高になればなるほど向こう側での買値が跳ね上がりますね。

 ああ~、なるほどね~。これは売れなくなってしまいますね。

 

 「円高じゃ~!」と大慌てになったり、「円安だ~!」とやっぱり騒ぎになったりと、注目されているのはこのためですね。

 なるほど~。なとど感心しつつ、今日はこのくらいで。

 おやすみなさ~い。