人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

職場で聞いた会話「なんで辞めるのかわからない」

 こんばんわ。

 なんだか疲れているようですね。無理しないようにします。

 皆さんも無理なさらないでくださいね。

 とある人事のゲス思考な感じで、今日は口悪くいきたいと思います。

 

  タイトルにある通りの内容ですが、

「どうして入ってすぐに辞めるのかな?」

「もったいないですよね」

「せっかくなのにね」

「何が起こっているんでしょうね」

 といった会話が目の前で繰り広げられていて、

「あ~。分かってないんだな~」

 とぼんやり考えた次第であります。

 ああ、わかっています。「じゃあお前は何かわかっているのか?」という突っ込みが聞こえます。

 私なりの答えをチョチョッと、書かせていただきますね。

 

 平たく言えば、彼らを引き留める「力」が会社にないからではないでしょうか?

 私も転職希望組ですし。でも辞められない。まあ、まだまだ時間はあるしな、とあわてないように考えます。

 人間慌てたらロクなことないです。経験則です。マジです。

 

 相も変わらず「転職エージェント」の方をディスりまくっている上司ですが、連絡を入れるように言っても連絡がこないし、求職者の方との面接でトラブルがあっても特に対応しないしと、電話している上司の言葉をただ聞いているだけであるにもかかわらず、

「もうエージェントの方もこっちに対して逆の攻勢を仕掛けてきているなあ」

 ということが想像できてしまいます。

 もう取引したくないんでしょうね。上司がブチ切れて「もう使わない」と言い出すのを待っているような気がします。上司曰く、かなり失礼な態度取りまくっているらしいですが、改まる気配がないどころかどんどんひどくなっていますからね。

 上司も十分な態度取っている気がしますが、まあ、それに関しては置いておきましょう。

 

 つまり、そういう会社であると認識されているわけですから、まあ、そういう会社であるというだけの話です。

 辞める人がダッシュで現れそのままの勢いで出ていくのは当たり前であると思います。

 もともと入社されて間なしの方が、いついつ辞めるということになったので準備していたところ

「もう耐えられない!」

 と、退職までまだ数日ある時に、帰っちゃったそうです。退職日まで待てないほどイヤだったのでしょう。

 

 一度退職ラッシュが始まると、悪循環が生まれるのですよね。経験上。

 昔ブラック職場で、大量に辞めて大量に採用して大量に辞めての光景を見ていますから、そのサイクルのまずさは分かります。

 辞めた分を補充して、人手が足りないから入ったばかりの人はいろいろきつくて、耐えられなくて辞めていって、補充して、の繰り返しになるわけです。

 新人教育とかありえないですね。できなかったら怒られて、教えてもらいに行ったらウザがられるわけです。

 あ、私です。以前の職場での。

 

 このサイクルを繰り返していると心の余裕なんてなくなりますからね。人が足りない中、補充が来るまで少ない人数で回して、やっと人が来て仕事回してもいきなりはきつい内容だったりして、でも誰もアップアップの新人を助けないという、地獄。

 ふふふ。私その職場では劣等生だったので、特にあたりがきつかったです。

 いや、本当に死にかけましたよ。うふふふふ。

 

 私からすれば今までの辞めていく頻度とかスピードみたら不思議でも何でもないのですが、それが同じ「人事」の人たちには分からないそうです。

 むしろ私はそっちが不思議。いろいろ情報も入ってきているのですけど。

 なんだかもう、どうしようもねえなあ、と考えてしまいました。ふふふ。

 

 では皆様、このようによく人が辞める職場にうっかり入っちゃった場合、即座に逃げてくださいね。冗談抜きで死ぬことになりかねないので。

 経験者は語りますよ。

 では、おやすみなさ~い。