人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

投資信託の買い場が続いていて困る

 こんばんわ。

 世界的に株価が下がり気味で、アップアップしている方も多いこの頃、皆さんいかがお過ごしですか?

 私は安いと思った株を買いはしたけど、今は売った方がいいっぽいと感じて売ったり、買ってすぐ株価下がっちゃったけどキープしていた方がよいと考えて売るのをやめたりしていました。

 含み損がどんどん増える中、自分は下手だなあと考えている次第です。

 

  で、投信信託なのですが、世界情勢を反映しまくって価格値下がりが続いています。

 私が保有している投資信託は三種類。

 日本株にバリュー投資するアクティブファンド。

 全米株に広く投資するインデックスファンド。

 新興国株に広く投資するインデックスファンド。

 

 日本株投資信託は何気に頑張っていて、それなりに下がるも結構踏ん張ってくれています。ある一定の利益率をキープしつつ微妙な上下。つまり下がったら買うはできない感じでもあります。

 全米株の投資信託も一時下がりはしたものの下がり切らずに上がって下がってを繰り返してはいます。それでも下がり気味は否めません。しかし「安いから買う!」を決断する水準までは下がらず。

 新興国株の投資信託は下がり気味が続いていてほぼ毎日買えてしまう状態。上がっても微々たるもので基本下がり気味なもんだからもう買い場買い場。

 おそらく私と同じ考えの方はそれなりにいらっしゃるらしく、全米株の信託よりは緩やかとはいえ、新興国の信託の資産は確実に増えていっている状況です。安心して買い増しできます。

 

 そうですよねー。安い時に買うよねー。1円で買って10円で売るようにしないと利益出ませんよねー。

 投資信託の買い方において重要なのは基本的に「一定額を決まった時期に確実に積み立てる」ことなので、私が行っているのは真っ向からセオリーに反しています。

 でも! 買いたいじゃないですか! 安いんだもの! 同じ金額で「10」個買えるのと「15」個買えるのとなら、「15」買える時に買っときたいじゃないですか!

 こういう時に自分の欲深さや浅はかさを自覚してしまって自嘲してしまいますが、でもやめられない止まらない。投資信託安く買うチャンスに見えて仕方がない。

 

 個別株に関しては「売買するにも元手が!」状態にあっという間になりますが、投資信託はその売買の性質上、こういう買い方にも柔軟に対応してくれます。貧乏人にやさしい投資の仕方がやりやすいのが魅力ですね。

「違う。投資信託ってそうじゃない」

 はい。上記にもありますように、真っ向からセオリーに反したやり方ですので、やめておいた方が賢明です。長期にわたってきちっと資産形成をするのなら、やはり基本的なやり方をしっかりとなさった方が最終的に儲かっていることでしょう。

 それをしない私は「ポーカー」で強い役ができるまで粘ってあっさりたいして強くない役を出されて負ける人です。つまり勝負に勝つために勝負所間違えて負けるんですよねえ。

 

 とはいえ、「今市場はどん底だから手を出さずに待って、上がり始めたら買う」と言っている人がいて、「え? むしろ今買っといたほうがよくね?」と内心ツッコミを入れてしまう私は末期。

 職場でたまたま聞いた会話ですが、投資信託を買おうとしているらしいんですよね。投資信託の内容や資金の状態にもよりますが、買っといたらいいのにとついうっかり思っちゃうのは一体何なんだろう。

 極端なことはしない方がいいのでしょうけど。それでも思う。

 何でみんな安いから買っとこうって思わないのか。

 現物株でやると危険な行動ですが、投資信託だと現物株ほどの危険は、その投資信託にもよりますがないと思うんですよ。投資信託の内容によりますが。本当に。

 ちなみに現物株で飛び込んで含み損抱えてるけど、上がるからいいやって考えはよくないのかもしれませんね。さてどうしようかな。それなりの損をするけど売るべきなのか、様子を見た方がよいのか。

 要勉強ですね。

 

 私個人の株や投資信託に関する意見を書かせていただきましたが、全面的に信用したりせずにプロの方が書いた本を読んだり、その他情報を集めたり、その上でご自身でしっかり考えて投資してくださいね。

 あるいは、投資はやっぱりしないでおこうと、自分で考えて決断してください。

 私としてはいろいろ勉強して、もっとしっかり投資することができるようになればと考えています。結構楽しいと感じてますから。

 

 では、お読みいただきありがとうございました。

 おやすみなさいませ。