人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

「転職」しないと死ぬような気がしますが、しても結局同じことが起きると確信しました

 こんにちは。時間によってはこんばんわで、おはようございます。

 

 今年の目標は「転職」ですが、現時点でまだ決まっておりません~。

 応募はしていますけど、なかなかですね。

 

 しかし、とかく「環境」を変えないと、冗談でも比喩でもなくわが命が掻き消えそうです。

 いったんその場を離れて息を整える作業ですね。しかし、「私」が「私」である限り、また同じことが繰り返されそうな気がして、「あ~あ」と思ってしまった今日この頃でございます。

 

※ネガティブ注意! です。

  私はお恥ずかしながら、「こうあるべき!」「こうあってはならない!」という感情が非常に強い人間でして、思い通りにならないだけで「ガルルルル!」となるタイプの人間です。

 一言でいうと「ジャマい」「うっとうしい」「うるさい」人間です。

 え? 一言じゃない? ノープログレムです。人生そんなもんです。

 

 現在の職場において、わりと以前からといいますか、この会社においては普通のこととしてあったやり方や感覚が、私にとってはどうも合わんと気づいたのはいつのころからでしょうか。

 人に相談したところ、「その会社はとてもルーズだね」と返されました。

 ルーズとはなんぞや?

 ググる先生に聞いてみたところ、こんな返事が返ってきました。

「締まりのない、だらしないさま」

「ゆったりしていて、ゆとりあるさま」

 goo辞書に載ってました。先生方どうもありがとうございました。

 で、わが勤め先はどっちなの?

 まあ、はっきりした答えは出さず、進みましょう。イエー!

 

 最近同じ部署の方に言われた言葉は、

「また痩せた?」

 毎日ちゃんと食べてます。人様よりも小食気味ですが、主食玄米雑穀混ぜ、お肉大好き、牛乳愛してる、葉物サラダで根菜煮物でゴー! パンも好きでよく朝ごはんに食べてます。

 食べてないことないよ? 食べてるよ?

 なのに痩せてる。おかしいな?

 一人だけでなく二人から言われましたので、そう言われるほどに痩せていることは確定です。

 あれ、ヤバくね?

 

 そして、今日あったこと。

 会社組織を運営するために重要なとある書類が、締め切りを四か月ほど過ぎているのにもかかわらず、提出していないどころか、手元に持っておられないとある責任者の方がいらっしゃいました。

 私もその書類がどこにあるのか、データはどこかなどはあまり把握はしておらず、あちこち探しまわりました。

 あそこかな? これじゃないな。どこだ~?

「落ち着いて」

 と、偉そうにおっしゃったのはその責任者の方。

 控えめに言って殺意がわいたのですが、その時は見つからず、ご自分のメールその他を確認しに行かれました。

 先にそっち調べてからいらしてほしかったのですが、結局どこにもなかったようで、

「じゃあ〇〇でいいな?」

 と高圧的に、まるで見つけられなかった私が悪いような目で見てこられました。

 私悪くないんですが。そのことに関しては悪くないんですが。

 意地でデータを見つけてお渡しし、早く出すように促しました。

 恐ろしく疲れました。

 

 で、こういったことで怒りが爆発し、そのせいで疲労がたまるを繰り返しているのですが、つまるところ、これほど極端ではなくても、思い通りにならない、イヤなことがあったら怒りでエネルギー無駄に消費すること自体は変わらないので、「転職」しても同じようなことになって枯渇するのだろうと考えたのです。

 

 自分のやったことじゃないのに私がやったことだといわれ、「私じゃないです」といっても聞き入れてもらえないこともありました。

 失敗じゃなくて、Aという仕事はやったけど、同じ系列のBは違う人がやったということです。で、その仕上げをやるように言われたのですが、Bはやっていないので元のデータを持っていないのです。

 私も「あなたがやったはずだ」といわれ、最初は探していましたが、いろいろデータをいじったりしていると、「これ私やってねえわ」と確信しました。かなり後になってから同じ部署の人の仕事Bを手伝ったことも思い出しましたが、後の祭りでした。

 データを「私が消した」ことにされたんですよ。

 この系列の仕事は私が任されることが多いのは事実ですが、おそらくもう一人の人もできるようにならないといざという時困ると考え、そちらに任せたのでしょう。その場面も後で思い出したのですが、聞いてもらえる時期も状況も過ぎていました。

 で、「お前は今何歳だ!」と言いたくなるような振る舞いをしばらく続けてしまったんです。お恥ずかしい。

 

 ストレスがかかりすぎて自制できていないという面もかなりあります。

 期限が来るから「いついつ」までに「これこれ」をして、書類を送ってくれ~!

 といくら言っても、わが上司に催促していただいても、「期限過ぎることなんかどうでもいいで~す」みたいな態度で、結局かなり過ぎてから、遅れたことに対する謝罪もなく書類が送られてきました。

 これが割としょっちゅうあります。日常です。

 催促している内容は、はっきり言って重要です。下手したら裁判沙汰です。

 今まで大丈夫だったから大丈夫と思っていらっしゃるのか、他所は他所ウチはウチなのか。

 私なりにそれらを重要だと考え必死に催促する理由もあるのですが、周りからは「ちゃんとしたい人」と思われて流されることが多いというか、つまり「期限だから出せ」という意味で言っているとしか思われていないわけです。

 会社組織としてこういったことをきちんとするのは当たり前だ。そう考えて、実は結構無理して仕事してたんです。

 残業していなくても毎日がグロッキーで、残業をどうしてもしないといけないときは地獄でした。遅刻するし苦しいしでも休めないし。

 残業していなくても、人は過労死します。

 人に相談して、「あなたがそこまで気負わなくていい。残業禁止。自分自身を優先しなさい」と言ってもらって、ようやく助かりました。本当に死ぬところでした。

 

 そして現在また死にかけているってどういうことなの。

 ようするに私は、自分の気持ちを少しも流せず全部受けとめて背負うタイプで、しかも「~すべき」が強く、ストレス耐性がめちゃくちゃ低い人間なんです。

「ある日突然、心臓が止まって死ぬタイプ」

 せめて苦しみも痛みも何もなく安らかに死にたいんですが……。

 どこに行ってもこのままでは同じようになって、最終的にはストレス死するしかなくなるんでしょうか?

 

 こういったことに煩わされないように生きるって、現代社会においてはかなり無理がありますよね。特殊なスキルがあれば別だけど、ありませんしねえ。

 スキル身に着けようと思うとまずは先立つものが必要ですし。

 株の配当や売買益で生活できないかとかふと考えてしまいます。

 無理ですが。それを可能にする技量はないし、買い付ける資金もないですし。

 株を選ぶ作業はすごく楽しいし、毎日の株価の変化を見るのは下がっても上がってもワクワクするんですけど、それで生活していけるだけのリターンを期待するのは無謀というより、それで生活費を実際に稼いでいらっしゃる方々に対して失礼すぎますね。楽しいけど、本業にはなりえない。

 

 自分は結局人に迷惑をかけまくって生きていくんだなあと気持ちが沈みますが、ある意味私以上に迷惑をかけて生きていて、悪びれない人も多くいるのは実感してもいます。

 締め切り過ぎているのに、(あるいは過ぎているからこそ)へらへら笑ってとある書類を持ってきて謝りもしない組織トップの人とかもいらっしゃいましたし(上記とは違う人です)。少なくとも私締め切りは守ってます。

 

 で、この記事の内容、「私はちゃんとしてるのに! ほかの連中は~!」という恨み節で埋め尽くされているんですよ。

 つまりはそういう人間なんだということなんです。

 「転職」はめざしますし、必ず「今年中に」成功させますが、根本的な部分をどうするか、考えていかないとだめですね。

 

 ネガティブな内容の記事で申し訳ありませんでした。

 皆様、「生きる」ための努力は無駄にはなりません。私「生きて」ます。

 私まだ、「活きて」ます。

 ありがとうございました。お疲れ様でした。

 これを読んでくださった方と、また同じように「出会える」ことを願っております。

 (シチュー食べたい……)