人生雑論ノート

その日その時なんとなく思ったことを書き散らすだけの、偏屈ド変人の思考垂れ流しブログ。

人間関係

「親の粘着質な愛」という言葉を見て、「ああ~」と思ってしまいました。

こんばんわ。 台風による雨漏り及び施設老朽化による水漏れからの引っ越しにより、一時的に実家暮らしする羽目になりましたが、ツブヤイタン(注※Twitter)を見ていてタイトルの言葉を見つけました。 「わかるわ~」と思いましたよ。 ※ド厳しい意見、超注意!

「話を聞いてくれない」からの「話を聞いてほしい」

こんばんわ。 実家にいると、懐かしくも「うわあ」と思うようなことも多々あります。 親よ、あんたらはまず人の話を聞こうね。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということ

こんばんわ。 今日はちょっと「戯言」を言おうと思います。 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということは、こういうことかとふと思った話です。 自分自身の内面について書いてます。

「親である」ことでしか子供と接することができない親の人は苦しいかも?

こんばんわ。 今日はちょっと思ったことを書いてみますね。 「親である」という事実だけで子供と接するのは、あまりよくないのでは? という個人的な考えです。 ちなみに、私は人から良く「キツイ」「厳しい」と言われる人です。

「これ一種のハラスメントなんじゃね?」案件

こんばんわ。 昨日に引き続き仕事の愚痴です。 本当はこういう記事が続くのはダメなんだろうなと考えてはいますが、吐き出さずにはいられない。 怒りによってストレス値が一気に上昇し、吐き気がするし、胃も痛いです。 お読みになられる方は一歩引いて、こ…

「親は必死」という言葉は、子供側の必死さを全否定されているような気がする

こんにちは。 前に書いた記事を書き終えてからしばらくして、ふと思ったこと。 自分のダメさ加減を書くに当たり、親のことを書いたのですが、それから考えたことです。 ぶっちゃけ、タイトルで全て語っていますけどね! 以下蛇足。 自分の経験体験を女々しく…

自分自身のダメさ加減を考えていると消えたくなってしまうことについて

こんばんわ。 ものすごくネガティヴなタイトルで自分自身ドン引きですが、今日あったことについて頭の中がもやもやして心のなかたどろどろなので、ちょっと吐き出したいと思います。 ネガティヴ過ぎて笑えないし、家庭環境の話とか、ドロドロした内面の話と…